自動車税についての基礎知識

自動車税とは、自動車の所有に対して課税される都道府県税で、自動車の主たる定置場所の所在地である都道府県において課税されます。対象となる自動車は、道路運送車両法の適用を受ける自動車のうち普通自動車と三輪以上の小型自動車です。車検を受ける際に納付義務が生じるのは、自動車重量税で、こちらは国税です。自動車税は、「所有」している事実に対して課税されますので、たとえ使用していなくても課税されます。 納税義務者は、毎年4月1日午前0時現在の車検証上の所有者です。割賦販売等で売主が所有権を留保している場合には、所有権はいまだ販売業者にあるわけですが、買主が所有者とみなされ課税されることになっています。

仲間と戦うガンダムRPG

バンクーバー 留学 短期

生演奏 結婚式

中国語 翻訳会社